未分類

北国の恵みの副作用について

更新日:

腰や膝などの関節痛などの加齢とともに起こる身体の異変を改善する効果が期待できるサプリとして、ウェルヴィーナスの北国の恵みが大変注目されています。
北国の恵みは口コミでも大変評判のいい商品なのですが、その評判は本物なのか、今回は安全面、副作用などにフォーカスして詳しく見ていきましょう。

こんな方にお勧めの北国の恵み

こんな方にお勧めの北国の恵み
膝や腰などの関節痛に悩む方の中には、整形外科に通って治療を行ったり、グルコサミンサプリ飲んでみたりと、様々な対策をとっている方が多くいらっしゃるかと思いますが、一時的に痛みは改善するものの、なかなか根本的な解決ができない方も多いのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのが、ウェルヴィーナスが販売している北国の恵みです。
 

軟骨成分を直接取り入れることが可能なサプリ

北国の恵みは、「プロテオグリカン」、「非変性Ⅱ型コラーゲン」、「ヒアルロン酸」といった3つの軟骨成分をそのまま体内に取り込むことができるのが大きな特徴です。
そのため、軟骨が知らないうちに削れてしまうことで起こる関節痛に大変効果が高いとされています。
 

「グルコサミン」や「コンドロイチン」との違い

北国の恵みには、膝や腰などの関節痛を改善するサプリに頻繁に使用されている成分の「グルコサミン」や「コンドロイチン」を使用していません。
 「グルコサミン」や「コンドロイチン」は、軟骨細胞で「プロテオグリカン」が構成されるのに欠かせない成分です。
軟骨を構成する上で、「プロテオグリカン」は最も重要といってもいい成分なのですが、「プロテオグリカン」そのものが欠如した環境では、「グルコサミン」や「コンドロイチン」をいくら取り入れてもそこまで効果がないとされているのです。

北国の恵みの副作用について

北国の恵みを試してみようと考えている場合、その副作用や安全性についてのデメリットがあるのではないかと心配される方もいるかと思います。
 

北国の恵みは健康補助食品

北国の恵みは、医薬品に該当する商品ではなく、健康補助食品です。
 医薬品を服用する際、アレルギーに過敏に反応する成分や、他の医薬品との併用などで起こる化学反応などの副作用が身体に大きな影響を及ぼす場合もありますので、薬剤師や医師の先生の適確な指示のもと摂取すべきものも多いです。
しかし、健康補助食品であるサプリの場合、副作用が発生する確率はグッと下がります。
なので、北国の恵みを摂取する上で、副作用のリスクを過度に懸念しないでも問題ありませんが、副作用が発生する確率は起こりうる可能性はゼロではありません。
 

過剰摂取は副作用のリスクを高める

副作用のリスクが低い健康補助食品の摂取で、副作用が起こってしまう原因の1つが、過剰摂取です。
北国の恵みには、摂取量の目安として1日3粒を、水またはぬるま湯などで飲むように記されており、処方薬のように用法、用量の明確な規定はありません。
 ですから、1日に3粒、多くても6粒を摂取するのが通常ですが、即効性を高める期待をして、過度に摂取量を増やしてしまったりすると、副作用が起こるリスクを高めてしまします。
 過剰摂取よる副作用の危険性は、誰にでも該当するので、1日3粒(多くても6粒)を限度として摂取するようにしましょう。

食品アレルギーをお持ちの方は確認をしっかりと

過剰摂取による副作用のリスク以外では、アレルギー反応があります。
北国の恵みの成分表を見て、普段から自身がアレルギー反応を起こすものが使用されているのにも関わらず摂取してしまうと、副作用が発生する原因となってしまいます。
もし、自分の認識の範囲内での判断が厳しい場合は、かかりつけの医師に、北国の恵みの成分を確認してもらい判断を仰いでもらった方がより安心でしょう。
それでも不安な方は、10日間お試しパック(480円送料無料)を実際に摂取してみて自分にあっているか、継続できるかなどを判断してみるのがお勧めです。
しかし、先に述べたように、北国の恵みあくまでも健康補助食品なので、そこまで過度な心配はしなくても継続して摂取できる安心安全なサプリといっていいでしょう。

-未分類

Copyright© 本当に効いた! 北国の恵みの口コミ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.